活用促進部 課長

MURAKAMI SEIJI

村上 政司

正しい反響を生み出すための緻密な行動

Profile

2013年3月入社。Webに関する幅広い知識と突破力のあるコミュニケーション能力で大手クライアントとも強固な関係を築くことができるWEBディレクター。実践力という部分を評価され、入社翌年にはチーフに任命された。さらに2019年には課長へ昇格。様々な案件をスマートに整理することや、戦略に対する理解度は前線スタッフのなかでも高いレベルを発揮。今後は関東全体統治を期待される若き参謀役。無駄に歌が上手い(笑)

正しい反響を生み出すための緻密な行動

埼玉エリアのクライアントを中心に関東全域で取材活動などを行っており、エリア全体の反響値を上げていくことが求められています。
一言に取材と言いましたが、僕たちの会社でいうWEBディレクターというのは、如何に商品力を上げるかということが命題であり、その為にクライアントのところに伺い媒体の機能や使い方を説明したり、反響を出すための仕組みややり方を相談しあったり、主には営業スタッフと前線で連携をしながら広告に見合った「正しい反響」を実感してもらえるように活動しています。メインがWeb商品ということもあって、日々新しくなっていく機能やコンテンツ、全体データを把握してリリースし続ける。

正直、多岐に渡る業務に追われることも多いですが、その分マーケットに与える影響も絶大。自分達の舵取り次第で良くも悪くもなってしまう結果を正常化させ続ける、ということが醍醐味でもあります。目の前のことに熱中しすぎてデザイナーやフォトグラファーなど他のセクションとの連携が滞ってしまうこともあるので、チーム感を大事にして今は取り組んでいます。

シンプルの積み重ねがマーケットをコントロールする

関東圏でも埼玉エリアというのは新興エリアで立ち上げからまだ5年程です。

動き出して間もない頃はクライアントとも関係が固まっていなく、なかなか話すら聞いてもらえなかったりと、何をするにも苦労することもありました。凄くシンプルなことではありますが、一つ一つ丁寧に応対したり、何度も何度も足を運んだり、少しでも反響がでるように一生懸命考えたり…。時間は掛かりましたが少しづつ頼りにしてもらえるようにもなり、1クライアントだけでなく、その温度がエリア全体にも浸透し始め、いまは打ち合わせに行けばお茶を出してもらえるのが普通になりました(笑)

何のお仕事でも同じかもしれませんが、ただやって下さい付き合ってくださいの関係では上手くいかないです。行き当たりばったりの行動でなく、また仕事だけの作業的な動きでもなく、僕たちの会社自体や商品全体の方向性やスタイル自体を理解してもらえる付き合い方。1人のWEBディレクターとして認めてもらうって簡単なことではないかも知れませんが、だからこそ、想像以上の結果やイメージ通りに事が進んだ時の達成感は、まさに参謀役っていう感じで楽しいですね。

業界をリードしていけるディレクターを目指して…

他社(他エリア)にはない魅力だなと感じているのは、やはり行動方針に対する権限かなと思います。通常であれば全体を指揮するのは会社の幹部クラスが決定するものと思いますが、僕たちの場合はある程度それが現場に任せてもらえるんです。
もちろん大きな方針はありますが、新興エリアだからこそ、現場前線で動いている僕らが感じる温度や状況に合わせて細かな戦略を立てることができます。その分、結果には拘らないとですが、変なしがらみに囲まれる環境よりかは充実感が全く別物です。

まだまだ経験を積まなくてはですが、営業スタッフが安心して任せれるような実行力、そしてエリア全体を正確に見極めるディレクション能力、色んな局面でバランス感覚の優れたWEBディレクターを目指していきます。自分達が行動を起こした時にどのような結果が出るのかしっかりと予測できる。そんなマーケットの仕手側になれたらなと思います。

そんなステージには道程は長いかも知れませんが、繁華街全体を僕たちの手で活性させるというテーマのもと、より僕も研鑽を積んでしていきたいと思います。

エントリーフォームへ
\ Follow me /